ビジネスマナーを身に着けよう

ビジネスマナーの重要性

ビジネスのあらゆる局面で好感を与える言動がビジネスマナーです。
ビジネスマナーがきちんとしていないと社会の中で気持ちよくビジネスを進めていくことができません。
ビジネスマナーの大切さは、クレーム(苦情を含む)の約55%が接客態度の悪さから発生しているという統計からも理解できるかと思います。
ビジネスプロセスの中で常に商談相手と共に、気持ちのよい取引やビジネス展開を進めていきたいものです。
ビジネスの場においても、仕事をスムーズに進めていくために言動や行動を含めあらゆる常識、つまりビジネスマナーをマスターして自分のビジネススタイルを作り上げましょう。
まず、第一印象で全てが決まることがあります。
態度、表情、服装、髪型など、その人の印象を決定付ける要素はいくつもありますが、さほど難しく考えることはありません。
相手によい印象を与えるために、「相手の立場」に立って自分を見つめてみると、どうすればよいか見えてくると思います。
次に挨拶です。
何気なくしている挨拶が、実はコミュニケーションを深める上でのとても重要なものなのです。
挨拶の仕方によって、そのときの相手の状態が理解できたり、またおたがいの状況を把握することができる大切なコミュニケーションツールです。
積極的に挨拶することによってお客様にも好印象を与えるでしょう。
挨拶に限りませんが、コミュニケーションの際には笑顔が重要です。
暗い顔で接してもよい印象は与えませんので、常に笑顔で気持ちよく行動することを心がけましょう。
最後に、会社では機密情報を扱うこともあるでしょう。
それを外部に漏らしたりしないよう、モラルをもった行動、言動を心がけましょう。